そば野 伊丹イオンモール店 アルバイトスタッフ

「どうする?」「やってみる?」
友達と気楽に求人に応募しました。

そば野伊丹イオンモール店で、パート・アルバイトスタッフとして働き始めて8年になります。そば野で働くのは伊丹イオンモール店が2店目で、学生の頃に宝塚ソリオ店で2年半ほど働いていた経験があります。たまたま友達とソリオ宝塚をブラブラしていたときに、そば野でパート・アルバイトのホールスタッフ募集の貼り紙を見つけ、「どうする?」「やってみる?」と、とても気楽に求人への応募を決めたことを覚えています。高校1年生のときから、自宅近くの温泉の中にある飲食店のキッチンスタッフとして働いていた経験もあり、アルバイトで働くことへの抵抗はありませんでした。ただ、温泉は和洋中なんでも出すような休憩所の飲食店で、担当はキッチンだったんです。そば野でもキッチンをやりたいと言ったのですが、募集はホールスタッフだけとのことで、少し不安を感じながらホールスタッフ求人に応募しました。慣れない着物を着て、ホールへ。でも、働き始めるとすぐに不安は消えました。お店はアットホームな雰囲気で、とても働きやすくて、人間関係の良さが魅力的でした。アルバイトをスタートしたのが高校3年の12月でしたが、専門学校入学後もアルバイトを続け、結局、2年半もお世話になりました。たまたま求人を見つけたお店でしたが、本当に良い環境で働くことができたと今も感謝しています。

インタビュー画像その2

朝は仕込みがメイン業務。発注・事務作業も行います。

現在は週に4回、ホールスタッフとして働いています。出勤は午前9時または10時で、勤務時間は4時間半。9時出勤の日の一日の流れを簡単に説明すると、まずは着物に着替えて出勤簿、健康状態チェック、連絡ノートの確認を行います。健康状態チェックでは、体調面に問題はないか、手に怪我や肌荒れがないか自分でチェックを行います。手に傷がある場合は、必ず手袋を着用して作業を行わなければなりません。家族など同居人がインフルエンザなどに罹っている場合も、ここでしっかり申告することが必要です。その場合は出勤ができなくなりますが、職場で病気が広がったり、お客様に感染させてしまう危険性を考えると、とても大事なチェックだと思います。連絡ノートは前日にあった出来事や、本社からの伝達事項などが書かれているので、出勤したらスタッフは必ず確認することになっています。9時から仕事をスタートしますが、まず取り掛かるのは仕込みです。掃除やお茶の準備、納品された食材の片付け、レジを決められた金額に合わせるキャッシュカウントなどを行います。ここまではホール担当が一人ですが、開店時間の10時になるともう一人出勤するので、ホールの状況を見ながら、引き続き仕込みを行います。この時間は蕎麦の薬味をそろえたり、出汁の仕込みなどを担当しています。食品の発注業務、予算・売上表の書き込みも行います。決められた在庫の足りない数量を確認し、キッチンからの発注表と合わせて、ホールスタッフがレジに打ち込み発注を行う流れです。予算・売上表はショッピングモールの他店舗との売上げの比較を、ショッピングモール事務所に行って書き込む業務。この作業をしていると、パートスタッフながら、なんとなく売上げが気になるようになりますね(笑)。

他スタッフのインタビューはこちら